2010年03月03日

法科大学院の改革に着手=司法試験合格数、目標修正も−法務、文科両省(時事通信)

 法務、文部科学両省は1日午後、法曹養成制度に関する副大臣級の作業部会の初会合を法務省内で開き、法科大学院の教育レベル向上のための改善策の検討に着手した。司法試験合格者が年間3000人の目標に届いていない現状を踏まえ、目標人数の見直しについても議論する方針で、今年夏ごろに結論をまとめる予定だ。
 加藤公一法務副大臣は会合後、記者団に対し、「ただ人数を増やせばいいというわけではない。どういう改善をすればふさわしい人材を養成できるかという議論と、(人数)目標自体を変えるべきだという議論と両面ある」と述べ、合格者のレベルを維持する前提で見直しを進めていく考えを示した。両省は今後、作業部会を月2回程度開催し、法科大学院関係者から意見を聴取する。 

【関連ニュース】
法科大学院、初の入学者なし=合格者ゼロで再募集せず
可決された同意人事案=衆院
法科大学院入試で合格者ゼロ=全国初「入学者なし」か
法曹養成改革で作業部会=司法試験、法科大学院の実態踏まえ
日弁連会長選、初の再投票に=法曹人口問題が争点

パイオニア (曖昧さ回避)
<強制わいせつ>容疑で塾経営者逮捕 「除霊」と称し 千葉(毎日新聞)
鳩山首相、支援へ準備指示=チリ大地震で(時事通信)
<新型インフル>余るワクチン 欧米でWHO非難も(毎日新聞)
与謝野晶子の自筆原稿をインターネット上で公開 (産経新聞)
posted by カキヌマ エイジ at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。